読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウキと熱海に行こう

主にシングル66の記事を書いてます

【シングル66】イベリコ豚とキノコのソテー~ミルタンク牧場の素敵な仲間たち〔食用編〕~【どうするよ杯使用構築】

構築名のセンスください

 

【使用構築】

f:id:rem2601:20170417195701p:plainf:id:rem2601:20170417195713p:plain

f:id:rem2601:20170417195809p:plainf:id:rem2601:20170417195749p:plain

f:id:rem2601:20170417195855p:plainf:id:rem2601:20170417195735p:plain

今回のどうするよ杯ではいくつかの構築を使ったのですが、その中で最も完成度が高いと思っている構築を紹介します。

基本的なパーティコンセプトは、ミルタンクの圧しかかりやモロバレルのキノコの胞子、クレセリアの電磁波で状態異常をばら撒きつつ、対面操作により噴火ヒードランや祟り目ゲンガーを繰り出し負担を押し付けて勝つことです。単純なコンセプトですが、非常に強力でした。

早速、個体解説に入ります。

f:id:rem2601:20170417195701p:plain

ミルタンク@お盆の実 {肝っ玉} NN:イベリコぶた

わんぱく 201(244)-110-127(12)-x-122(252)-120

<ステルスロック のしかかり ミルクのみ 地震

 

ミルタンク牧場で放牧されている、自分を豚だと思い込んでいる牛です。食用牛。

採用理由は、ミルタンク入りでどうするよ杯の結果ページに載ったら目を引くし、かっこいいだろうな、というところから。しかし、これではただのマイオナ拗らせただけの痛い人なので必死にミルタンクにしかできないことを探さなければなりません。

66最強技のステルスロックを覚えますが、正直撒くだけなら他にいくらでも汎用性のあるポケモンは存在します。それらのポケモンを差し置いてこのポケモンを採用するメリットを考えてみると、まず第一に自身で再生回復の手段を持てることから、ある程度の場持ちが保証されており、その場持ちのよさから電気タイプ以外に無効タイプの存在しない「肝っ玉のしかかり」による麻痺撒きとしての役割を十二分に発揮できるということが挙げられます。二つ目に、マンムーをはじめとした初手に対面しやすいポケモンに明確な不利を取りにくく、比較的安全にステルスロックを撒けるという点があります。その二つの性質を活かしてこの構築を組んでいきました。

 

f:id:rem2601:20170501060408p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 

臆病 153(140)-x-100-205(116)-115-200(252) ※メガ時

<ヘドロウェーブ たたりめ 気合い玉 身代わり> 

 

サイクルカット性能が恐ろしく強いこの構築のメガ枠です。

 状態異常をばら撒いた後は、たたりめを通し数の優位を取っていきます。このポケモンでキャッチする相手は、痺れ状態や眠り状態になっていることが多く、身代わりが残りやすかったです。

相手の控えに状態異常が入れられている状態で身代わりが残ってしまえば、そのまま試合を終わらせられるだけの力があります。

 

f:id:rem2601:20170417195809p:plain

モロバレル@脱出ボタン {再生力} NN:むすコウキ 

図太い 221(252)-x-134(252)-105-101(4)-50

<キノコの胞子 イカサマ ヘドロ爆弾 光合成>

 

牧場に自生するわいたろう産のキノコです。持ち物は、対面操作をしつつ、マリルリストッパーとしての役割も持たせられる脱出ボタンを採用しました。

はたき落とすケアで持ち物なしの状態であっても、腹太鼓マリルリ入りに対しては、非常にシビアなHP管理を要求されるので4枠目は無難に光合成を採用しました。

 

f:id:rem2601:20170417195749p:plain

ヒードラン@拘り眼鏡

冷静 167(4)-x-126-200(252)-126-116(252)

<ふんか ラスターカノン 大地の力 かえんほうしゃ>

 

ゴキブリ枠① 相手の麻痺が入ったポケモンや鋼タイプのポケモンに対して命中安定超火力のふんかをぶっ放します。最高火力でこの技を撃てる場面こそ少ないのですが、ステルスロックが二回入った状態でも、大文字以上の火力、命中率を誇るので思った以上に扱いやすい技でした。また、モロバレルテッカグヤの炎技を強く誘うので、そのタイミングで繰り出すことで誰も受けだすことのできない超火力を手に入れることができます。

 

f:id:rem2601:20170417195855p:plain

フェローチェ@カクトウZ NN:ルナフレーナ

むじゃき 147(4)-189(252)-57-157-51-223(252)

<飛び膝蹴り どくづき れいとうビーム とんぼがえり>

 

ゴキブリ枠②牧場に害虫は付き物ですね。

この構築に於ける貴重な物理打点であると共に、とんぼがえりによる対面操作でふんかヒードランメガゲンガーのサポートを行います。

持ち物は、カクトウZを採用しており、S種族値151から繰り出される外れる心配のない一致威力195の技はとても心強かったです。命の珠を採用しないことにより、先制技の圏内に入りにくかったのもこの持ち物の強みの一つでした。

ゴキブリとか言ってますが、NNはFF15のヒロインから拝借しました。

 

f:id:rem2601:20170417195735p:plain

クレセリアゴツゴツメット NN:Sailor V

ずぶとい 227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

<電磁波 ムーンフォース 月の光 三日月の舞>

 

メガマンダ受けとしての採用です。サザンドラが重い構築なので、攻撃技はムーンフォースを採用しました。

三日月の舞によって、ゲーム状況に応じてヒードランゲンガーフェローチェのどれかを再降臨させます。この技の存在から、ヒードランを割と強気に動かせるのがよかったです。

 

 

解説は以上になります。

どうするよ杯はまた数か月後とかに開きたいと思いますが、主催する人間は正直自分じゃなくてもいいなーと思ってます。

Twitterで誰かが言っていましたが、主催が変わればアプローチできる層も変わってくるので、モチベある人と顔の広い人がどんどんやってくれたほうがこのルールはもうちょっとだけ活発になるんじゃないかなぁ。66のネット大会の運営なんて片手間でできますしね!

待ってます(^^)